食べてばかりのバンコクほっこり旅2024年【食べ歩き・グルメ】

2024年2月、今年も旅が始まった。始まった始まったと思っていたら、あっという間に1ヶ月が経ち、今はラオスのワットタイ国際空港で時間を潰している。早朝でバンコクに戻るのだ。バンコクは旅の中継地点で南に北、隣国のカンボジア、ラオス、ベトナムへもアクセスしやすく航空券も安い。バスでも行けるし島国と大陸の違いを感じる。バンコクでの暮らしはと言うと、楽しみはやはり飯。マーケットはもちろん楽しみのひとつだし、食べ歩き。それで言うとスラムのあるクロントーイの市場は迷宮かと思うほどに広くアジアど真ん中の雰囲気。もう1度探検しに行こうと思っている。

カノムトーキョーはタイのストリートスナックで、Tokyoの名前に親近感あり。

色々な味が選べるがベーコンソーセージが鉄板
カリーパフ
パイ好きにはたまらないスナックでバラエティが豊富
ヤワラート(中華街)食べ歩き
スクイッドグリル1番美味しい

とは言え、相変わらずヒッピー的な暮らしでのんびりのんびり。散歩したり、朝起きたらジョイントを吸い「さて、今日は何をしますかな」という具合だ。バルコニーでコーヒーを飲み、優雅な1日を始める。そんなある日、奇跡のタイミングで友達がバンコク旅行に来た。俺はパヤム島からチュムポーン、チャアムを経由してバンコクに戻って来た所だった。タイは初めてと言う事で一緒にディスペンサリーへ行った。そこでロイヤルランツを吸ったのだが圧倒的なクオリティに「うまいうまい」を連発。久しぶりに、本当に美味いガンジャを吸って上機嫌だった。人生でもトップ3に入る好きな味で、買った場所はアソークのロイヤルクイーンシード。

俺は貧乏バックパッカーなので普段は安いガンジャを吸っている。いかんせん節約だ。他にも大型店のクッシュハウスも見に行った。絶対にハイグレードが欲しい人にはクッシュハウスはオススメできる。全部美味そうだしオプションが多い。ジョイント3本入りセットで朝昼晩用、サティバ、ハイブリッド、インディカのやつなんかは凡庸性が高くパッケージも可愛い。タブレットで品種の情報も見れて優良店である。良い1日だった。

ジョイントを吸いボーっとしていると今日は絶対にハンバーガー、そんな日が必ずあります。パンドラの箱が開き、ジューシーな本格派、頭の中では「最近ハンバーガー食ってないな、食べたいな」バーガーキングも良いけど、、、そんな時はターミナル21ラマ3の中にある「ARNO‘S」が救ってくれる。

BRTバスで近くまで行ける。しかも、最近はありがたい事に無料で乗れる。ARNO'Sはブッチャーのお店でステーキ屋なのだけれどハンバーガーがお得でトラディショナルバーガーが306バーツ。使うチーズと焼き加減が選べる。サイドはもちろんポテトとコーラ。チーズはチェダーを選んだ。焼き加減は一旦ミディアム。

マクドナルドより安いからね。それは無いか?ハンバーガーの種類も多くコスパの良いレストランだ。バンコクにいる時は定期的に食べたくなる俺のお気に入り。

なんだかんだでバンコクは選択肢が多く、便利で暮らしやすい。もちろん基本はタイ料理で屋台のストリートフードに青空レストラン、ローカルの空気感にマーケットを歩き、初めて食べるものには「合わないな」という事もある。バンコクから近いパタヤに遊びに行った時はもちろんシーフード。チェーン展開しているディスペンサリーのタイカンナビスクラブ、パタヤ店は席が広々開放感があって気分は王様だった。ナイトマーケットでもドカ食いし、昼はお洒落なカノムジンとグリーンカレーのコラボレーション。グリーンカレー好きにはオススメしたい。

イェンタフォー
カノムジーン グリーンカレー

いよいよ、いよいよ迫っている。今回の旅の目的でもあるワイクルーフェスティバル(サクヤンフェスティバル)が迫っている。バンコクに戻ったら直ぐの週末だ。場所はワットバンプラ。サクヤンで有名なお寺、去年初めて来てサクヤンを彫ってもらった。初めて知ったのは、VICEのサクヤンフェスティバルの映像でまさに「奇祭」だった。随分と昔の事だがいまだに記憶に残っている。人生で1度は行ってみたいと思っていた。

サクヤンとはタイの伝統的なタトゥーで簡単に言うと御守り的な、お坊さんやその道の人が彫れる魔法のタトゥーだ。そしてそれは儀式を含む。お祭りはお坊さんに感謝する為のお祭りで年に1回開かれるのだ。

サクヤン【Wat Bang Phra/ワットバンプラ】ワイクルーフェスティバルで有名な寺院に行ってみた

ついに、ついに念願のお寺に行く事が出来ました。何年も前にVICE Japanで見たサクヤンフェスティバルの衝撃。 何故かとても興味が沸いた。もともと何故かは分からないがタ…

祭りが終わって、バンコクで数日のんびりしたら、次は北部のパーイへ行こうと思っている。チェンマイまでの航空券はすでに買っていて毎度お馴染み早朝のフライトだ。1050バーツ、早朝発はお買得。4月にはソンクラーン。旧正月の水かけ祭りが全国である。「今年は力入ってるぜ」って噂を聞いた。日数もいつもより長くやるらしい。

バンコクへ戻ると安定のヤムウンセン。タイでは辛い料理が多いので少し強くなった気もしている。

ダッグのくちばしグリル
ヤムウンセン

流石にお腹いっぱいなのでこの辺で。

「旅はまだまだ続く~」

ちょい!フォローしとけば?